瀬石温泉

瀬石温泉

瀬石温泉は、明治32年(西暦1899年)に発見され、泉源は岩磯かわ湧き出ています。
満潮時には、海中に埋没してしまう「秘湯」です。
テレビドラマ「北の国から2020遺言」のロケ地にもなりました。

北の国からについて

「北の国から2002遺言」が羅臼町をロケ地として2001年9月から翌年の2月まで撮影が行われました。その中のひとつのシーンに純とトドが入った露天風呂として当温泉「瀬石温泉」が使われました。

世界遺産について

羅臼町と斜里町に位置する「知床」は、昭和39年に国立公園の指定を受けてますが、両町による世界遺産登録に向けた検討を始めたのは、平成6年の知床国立公園指定30周年が契機で、本格的な検討は平成9年からとなっています。登録の対象になっているのは、オホーツク海に面した知床半島とその沿岸海域で、冬には世界で最も南端に接岸する流氷が訪れ、その流氷が大量のプランクトンを運び、それにより鮭などの魚介類が抱負に生息しています。その鮭は秋に川を遡上しヒグマやオジロワシなどに捕食され、そのヒグマやオジロワシなどの動物の排泄物や死骸が植物の栄養素として還元されてます。このような海と陸の食物連鎖を見ることができるとても貴重な自然環境が評価され、2005年世界遺産に登録されました。日本では自然遺産として3件目の登録で、海岸線から約3km沖までの日本で初めて海を含む自然遺産登録となりました。

所在地
北海道斜里郡斜里町及び目梨郡羅臼町(知床半島の一部)
(ホッカイドウ シャリグン シャリチョウ および メナシグン ラウスチョウ (シレトコハントウのイチブ))

面積
71,000ha(当初の推薦面積は56,100haとしていたが、IUCNからの指摘に基づき、海域部分の境界線を海岸線1kmから3kmに拡張することとしたため、面積は71,000に変更)

知床が評価された登録基準

  • 知床は北半球で最も低緯度に位置する季節海氷域であり、季節海氷域の形成による影響を大きく受け、特異な生態系の生産性が見られるとともに、海洋生態系と陸上生態系の相互関係の頻著な見本である。
  • 知床は、多くの海洋性及び陸上性の種にとって特に重要であり、これらの中にはシマフクロウ、シレトコスミレなどの多くの希少種が含まれてる。
  • 知床は多くのサケ科魚類、トドや鯨類などの海せい哺乳類にとって世界的に重要である。
  • 知床は、世界的に希少な海鳥類の生息地として重要であるとともに、渡り鳥類にとって世界的に重要な地域である。

おすすめの季節

お盆過ぎから秋口にかけて

おすすめの時間
帯お昼前後

入浴期間
7月初旬~9月中旬又は下旬

入浴時間
基本的に入浴時間は決まっておりません。
その理由として、

  1. 瀬石温泉は干潮時に温泉としての姿を現し、満潮時には海水に埋没してしまう秘湯であるという事。(※その日の天候、海の状態にもよります)
  2. 干潮時になり、海水の中から現れた温泉を毎日清掃してます。手順として、温泉の中に入ってしまった海藻などを除去し、海水を汲み出し、温泉をこすり洗いしています。その後、1~2時間をかけ温泉が岩のすき間より沸いて来るという事。
  3. 私たちの仕事の合間などをみて清掃しています。この温泉は個人管理の下にある温泉であるという事をご理解いただきたいと思います。
  4. このような理由から入浴時間については、現地に来てから、又はお電話でご確認ください。

入浴時のマナー
瀬石温泉の入り口にはゲートが設置されております。昔はゲートなどなく自由に出入り出来ましたが、近年旅行者のマナーが悪くゴミを敷地内に捨てたり、お湯を汲み上げる元湯の方に勝手に海水を入れたり、無断で作業場の方に入ったりといったトラブルが絶えないためゲートを設けることになりました。ですのでゲートが閉まっている時は入浴出来ないようになっております。それとこういったトラブルを無くすためにも入浴時は必ず私達の方に声をかけてください。分からない事や質問などがある場合もお気軽に声をかけて下さい。

温泉の管理について
この瀬石温泉は個人所有地の隣接にあり、清掃等を個人管理の下、行っております。そのため入浴する前には必ず一声かけてから入浴して頂くようお願いします。(管理ルール上のトラブル原因になります!!!)

駐車場はありますか?
駐車場完備(10台程度)

脱衣所はありますか?
脱衣所は設置しておりません。どうしてもという方は駐車場にトイレがございますので、そちらで着替えをお願いします。

シャワーはありますか?
シャワーはありません。

入浴料はいくらですか?
基本的に入浴料は頂いておりません。ですが、温泉の維持・管理等に経費がかかる為、『気持ちの箱』という募金箱的な物を設置しております。入浴して頂いた後、温泉に対する気持ちをご協力いただけたらと思います。

売店はありますか?
小さな売店ではありますが、私達が生産した羅臼昆布を生産者直売として販売しております。是非お立ち寄りください。

持参物は何が必要ですか?
売店には、タオルなどの入浴道具は一切売っておりませんので予めご用意下さい。

水着の着用はいいですか?
温泉ですので水着を着用しないで入るというのが当然のマナーですが、露天風呂で夏休み時期になると沢山の方が来るので抵抗のある方は水着を着用して入浴してもかまいません。

入浴人数は何人ですか?
瀬石温泉は、海に向かって左側と右側に温泉がありますが、右側が入浴できる湯船になっております。左側はかなり温度が高く熱いために、お湯を汲み上げる専用となっておりますので入浴はできません。右側の湯船につきましては、だいたい大人8人ぐらいは一度に入浴できるようになっております。

混浴ですか?
混浴となっております。

瀬石温泉の場所

〒086-1811
ホッカイドウ メナシグン ラウスチョウ セセキ
北海道目梨郡羅臼町瀬石

管理
濱澤水産

電話(夏季:瀬石番屋)
0153-89-2654

電話(夏季以外)
0153-88-2384

交通機関

羅臼町へのアクセスは、最寄りの駅または空港からバスか車をご利用ください。

釧路駅~羅臼町
約3時間

中標津空港~羅臼町
約1時間15分

女満別空港~羅臼町
約2時間40分

釧路空港~羅臼町
約3時間10分

瀬石温泉までは、羅臼町市街地から道道87号線を相泊方面へ約20分(23km)程です。